経営革新!経営計画・増販増客・資金繰り・資金調達・確定申告・節税対策・相続・独立開業なら奥山会計事務所へ/神奈川県横須賀市

事務所だより

  • HOME »
  • 事務所だより

★事務所だより7月号★

平成28年7月の税務

7/11
●6月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

7/15
●所得税の予定納税額の減額申請

8/1
●5月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●所得税の予定納税額の納付(第1期分)
●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●11月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の2月、8月、11月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の4月、5月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(3月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>
○固定資産税(都市計画税)の第2期分の納付

7月の増販増客コンテンツ
  • ハッとする声掛け

  • ポスティングやチラシの設置

  • 目に留まるチラシとは

いよいよ夏到来!7月から本格的な夏となります。

食中毒や熱中症、体力消耗など、夏は体調管理に気をつけたいものです。

しかし、暑いからといって、冷房の効いた部屋で一日中ゴロゴロしていると、全身を倦怠感が襲い、関節が痛くなったり、夏風邪をひいてしまう可能性もあります。気がついたら、ストレッチをするなどして、できるだけ身体を動かしましょう。

さて、先月は、PT、つまりプロセス・ツールの一部である「チラシ配布」についてお話いたしますね。今月も第2弾として、引き続きチラシ配布にまつわるお話いたします。

  • ハッとする声掛け

とあるコンサートホールへ足を運んでいた時のことです。前方に飲食店の店員がチラシを配布している姿が見えます。どうやら、配布の手を止めている時もあります。

男性との距離が縮まり、チラシを手渡される時に、一言声を掛けられました。

「コンサート帰りにいかがですか」

「!」

その一言で、思わずチラシを受け取りました。

そのホールは、日本有数のホールでメンテナンス時以外は、ほぼ毎日コンサートを開催しています。

飲食店の男性は、コンサートホールへ向かう人と、そうでない人を見極め、チラシを配布しているのです。少しオシャレをしているような人を選んでおり、いかにも仕事中のサラリーマンには渡していないことがわかりました。

このお店では、コンサートのある日をホールのホームページでチェックし、毎日チラシを配布しているのです。

 

先月もお話しましたが、チラシを配布する際の声掛けは、受け取っていただくために非常に効果的なツールの一つです。

何も言わずに配布すれば、無視される可能性が高いでしょう。「レストラン○○です」と声がけして渡せば、関心のある人に受け取ってもらえます。「コンサート帰りにいかがですか」という声がけはターゲットの究極の絞り込みで、ホールへ向かう人たちをハッとさせます。音楽の余韻をおいしい食事とともに楽しんではいかがですか、という提案をされているのです。

  • ポスティングやチラシの設置

ここでは、ポスティングについても触れておきますね。新しくオープンしたお店や、キャンペーンを開催予定のお店は、ポスティングも有効的な手段です。

「このチラシをご持参の方にはドリンク1杯無料」

とか、「粗品進呈」「5%OFF」とあれば、さらに関心度は高まります。

その際、ポスティング用チラシには、用紙の隅に自分だけがわかるマークや日付を書いておくことをお勧めします。ポスティングによる来客だとわかり、統計をとることもできます。

さらに、競合とならない店舗や施設にチラシを置かせていただくのもいいでしょう。病院や歯医者などは、必ず待ち時間があります。待っている暇な時間に目を通してもらう戦略です。

また、習い事教室なども、お子さんがレッスンを受けている間、待っている親御さんが待ち時間にチラシや地域の情報誌を手に取る場面は多いものです。音楽教室で、スポーツ系のチラシを置いた場合、スポーツもやらたいとホームページをその場で調べる例もありました。

チラシ設置を断られることもあるかもしれませんが、意外にすんなり許可が下りる場合もあります。その店舗や施設にまずはお世話になって、ある程度コミュニケーションを取れるようになれば、積極的に協力してもらえることもあります。

  • 目に留まるチラシとは

美しいチラシはもちろん目に留まりますが、手書きしたものやイラスト、写真を多用したチラシは、関心度を上げます。文章だけでは、一瞬でチラシの内容を把握することはできません。できるだけ、イラスト、また信頼・安心感を出すために、写真を多く使用されることをお勧めいたします。

まずは、受け手の立場になって考えてみましょう。

・チラシを手にしたときのシーンを想像してみる

・お客様のライフスタイルを想像してみる

・お客様が個客心理段階「認知→関心→欲望→記憶→行動」の、どのレベルにいるかを知る

・お客様のメリットを用意する

・お客様に喜んでもらいたい、という発想を忘れない

 

以上のことを念頭に置いて、目に留まるチラシを提供してくださいね。

増販増客カレンダー 


カレンダー

7月はお中元シーズン。賞与も出て消費は1年でも12月に次ぐ月。近頃は猛暑が多く、エアコン需要や夏物商品がよく売れます。各地で山開き、海開きも行われ、夏休みに突入します。

お中元の予約は5月から始まるケースもあり、デパート、コンビニ、専門店、ネットなど顧客の選択肢が多様です。地方からネットで、お中元商戦への参加も可能な時代になっています。

二八(にっぱち)といわれ、商売が振るわない時期とされますが、業種で大きな開きがあります。12月が全業種、売上が多いのに対し、8月は衣料品は最低、飲食は12月につぐ売上です。帰省の多い地方では、飲食需要はさらに多くなります。

二八は、衣料などの消費が多い時代の名残です。

夏物最終処分を早く行い、秋物展開へ。

エアコンや冷たい飲料で体が冷え、猛暑なら熱中症や食中毒も一番多い時期です。

残暑は厳しいものの徐々に涼しくなり、雨風の強い台風が来る月です。8月は衣料が最悪ですが、レジャーや飲食への支出は活発で、反動が9月に来て消費が全体的に落ち込みます。

9月1日は「防災の日」で各地で防災関連行事が行われ、関連商品が売れます。

9月半ばには敬老の日。お年寄りへの商品が大きく売上を伸ばす月です。

税務の事なら何でもご相談ください。 TEL 046-834-1551 受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 奥山会計事務所 All Rights Reserved.